お姉ちゃんにチップ渡す

sexy girl near the door

日本以外のあらゆる国では「チップ」の文化が浸透しています。
ホテルのベルボーイやウェイトレスなどなど、人が人をお世話するサービスワークにはチップがどうしても付き物です。
自立意識の高い欧米ならではの文化ですが、とにかくチップ文化の国でシップをはずんでおかないと、やってもらうサービスが適当で雑になってしまう事に注意しておきましょう。
韓国アガシエスコートもその例に漏れず、アガシちゃんがエスコートを頑張ってくれた暁にはチップを渡してあげるのがマナーと心得ておきましょう。
何も難しい話ではなく、日本にもある「心付け」というやつです。
事務的にサービス料金を支払うのとは別で、感謝の気持ちを込めて直接相手にお金を手渡す行為に意味があるのがチップなのです。
子供にお年玉をあげたり野良猫にエサをあげるのと一緒で、「あなたのサービスが素晴らしかったんでお小遣いをヒイキしてあげます」という心の交流と解釈して下さい。
とにかく街の観光やらデートやらホテル同伴やら、多岐に渡る接待業務を頑張ってくれる韓国アガシなので、プラン料金とは別にお小遣いをあげるくらいの度量は見せつけてもらいたいところです。
お金の無い日本人男性は殆どの海外では無価値に等しい存在は言い過ぎ…と思いたいところですが、少なくとも韓国アガシなど夜の接待業界でケチな振る舞いをしていても、決して女性からモテはしないという現実を肝に命じておいて下さい。
慣れない文化ではありますが、韓国アガシを含めて海外接待サービスではチップをはずんでおくのが男のマナーだと覚えておいて下さい。